ロゴ
当院について 先生紹介 診療のご案内 各種ご案内 各種ご相談 キッズメディカルステーション リンクページ
各種ご相談

MR[麻しん・風しん]予防接種

麻しん(はしか)は、麻しんウイルスの空気感染によって起こります。感染力が強く、予防接種を受けないと、多くの人がかかる病気です。発熱、せき、鼻汁、めやに、発しんを主症状とします。最初3〜4日間は38度前後の熱で、一時おさまりかけたかと思うとまた39〜40度の高熱と発しんが出てきます。
主な合併症としては、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎があります。患者100人中、中耳炎は7〜9人、肺炎は1〜6人に合併します。脳炎は1,000人に2人の割合で発生がみられます。また、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という慢性に経過する脳炎は約5万例に1例発生します。また、麻しん(はしか)にかかった人は、数千人に1人の割合で死亡します。わが国では現在でも年間約50人の子がはしかで命を落としています。
風しんは、風しんウイルスの飛沫感染によって起こります。潜伏期間は2〜3週間です。軽いかぜ症状ではじまり、発しん、発熱、後頚部リンパ節腫脹などが主症状です。そのほか、眼球結膜の充血もみられます。発しんも熱も約三日間でなおるので「三日はしか」とも呼ばれることがあります。合併症として、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。血小板減少性紫斑病は患者3,000人に1人、脳炎は患者6,000人に1人くらいです。大人になってからかかると重症になります。
妊婦が妊娠早期にかかりますと、先天性風しん症候群と呼ばれる病気により心臓病、白内障、聴力障害などの障害を持った児が生まれる可能性が高くなります。

予防接種対象年齢と使用ワクチン(平成18年4月から)

(1)対象年齢
1期:1歳〜2歳未満 ※1歳のお誕生日を迎えたら早めに受けましょう。
2期:5歳〜7歳未満で、小学校就学前の1年間(いわゆる年長児の4月1日〜翌年3月31日)
(2)使用ワクチン
MRワクチン(乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン)を使用します。
※麻しん単独ワクチン、風しん単独ワクチンによる接種は任意接種になります。


他の予防接種との間隔

予防接種は、急に保育園や幼稚園に入ることになったり、家族と海外で暮らすことになったりして、特に急いで接種する場合の同時接種を除き、その効果及び安全性のため、次の間隔をあけることになっています。

他の予防接種との間隔

予防接種の場所と日時

一覧表にある医療機関で受けてください。
年間を通して受けられます。
日時は医療機関によって異なりますので、あらかじめ連絡し、確かめてください。


予防接種を受けに行く前の一般的注意

(1)受ける予防接種の内容などを確認しましょう。わからないことは、受ける前に医師に質問しましょう。
(2)受ける前日は入浴(シャワー)をさせ、身体を清潔にしましょう。
(3)当日は朝から子供の状態をよく観察し、ふだんと変わったところのないことを確認してください。
接種に連れて行く予定をしていても、体調が悪いと思ったら、やめる勇気をもちましょう。
(4)「MR予防接種予診票」は、子どもを診て接種する医師への大切な情報です。責任をもって記入するようにしましょう。
(5)接種当日には、母子健康手帳を必ず持って行きましょう。
(6)接種前には必ず、検温、診察、問診が行われますので、日頃から子どもの健康状態をよく知っていて、医師の質問に十分答えられる保護者の方が付き添ってください。その結果、異常が認められ、接種を受けることが不適当と判断された場合には、当日の予防接種はできません。


予防接種を受けることができない人

(1)接種当日、体温が37.5度を超える場合。
(2)急性の病気で薬を飲む必要のある人。
(3)予防接種液に含まれる成分で、強いアレルギー反応を起こしたことのある人。
(4)その他、医師が不適当と判断した場合。


予防接種を受けるに際し、医師とよく相談する必要のある人

これに該当すると思われる人は、主治医がある場合には必ず前もって診ていただき(有料)、その医師の所で接種してもらうか、あるいは意見書等(有料)をもらってから接種に行きましょう。
(1)心臓病、腎臓病、肝臓病や血液の病気など治療を受けている人。
(2)前に予防接種を受けたとき、2日以内に発熱、発しん、じんましんなどアレルギーを思わす異常がみられた人。
(3)今までにけいれんを起こしたことがある人。
(4)免疫状態を検査して異常を指摘されたことがある人。
(5)接種しようとする予防接種液の成分に対して、アレルギーがあるといわれたことのある人(卵・抗生物質など)。


予防接種を受けた後の一般的注意

(1)予防接種後30分間は、接種会場でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡がとれるようにしておきましょう。
(2)接種後、生ワクチンでは4週間、不活性ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。
(3)接種当日は激しい運動は避けましょう。
(4)入浴は差し支えありませんが、わざと接種部位をこすることはやめましょう。


ワクチンの副反応

承認申請資料による副反応発現率は、37.5度以上の発熱が27.3%、39.1度以上の発熱が5.9%、発しんが12.2%、鼻汁9.3%、せきが7.8%、注射部位発赤が7.3%、注射部位腫脹が2.9%です。
従来の麻しん単独ワクチンでは、まれに熱性けいれん、ごくまれ(100〜150万人に1人以下)に脳炎の発生が報告されていました。また、従来の風しん単独ワクチンでは、0.6%にリンパ節腫脹が認められました。
症状が強いときには医師の診察を受けるとともに、地域行政センター地域健康課にも連絡してください。

 


保護者の皆さまへ

はしかの流行に伴う緊急対策事業の対象の方に
(1)予防接種の説明 (2)予診票 (3)予防接種実施医療機関一覧表を交付します。

(1)予防接種の説明をよく読み
(2)予診票に必要事項を記入して
平成19年6月1日(金)から平成19年7月31日(火)までに
(3)予診票を持参のうえ大田区予防接種実施医療機関で接種してください。
※この期間を過ぎると「自費(有料)」になりますのでご注意ください。
※母子健康手帳をお持ちの方は、必ず持参するようお願いします。

(問合わせ先)

大田区保健福祉部計画調整課保健調整係

電話:03-5744-1264

FAX:03-5744-1523



日常における生活指導ワクチンニュース母親の喫煙について
| 子供の病気、成人では・・・ | MR[麻しん・風しん]予防接種 | 院内空気環境清浄について |
| 麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)の定期予防接種(中学1年生・高校3年生相当年齢) |


  〒143-0024 東京都大田区中央7-15-14
TEL : 03-3751-0390 FAX : 03-3751-0515 E-mail : arai@gate01.com